健康お役立ち情報

2014/04/24

日替わりスープで野菜補給!

唐木 沙恵
─ SAE KARAKI ─

<株式会社クックパッド ダイエットラボ所属>ダイエットトレーナー/管理栄養士/フードスペシャリスト

日替わりスープで野菜補給!
野菜スープはダイエットの味方!
ダイエット中に低カロリーで、お腹が満足できる料理ってないのでしょうか?それも美味しければより満足。そんな願いを叶えてくれるのが、自家製野菜スープです。温かい野菜のスープはお腹も満足しやすく、体に優しく染み渡っていく美味しさです。作りからはいたってシンプルで、作り置きもできるので、忙しい朝食時にトーストとともに、スープポットに入れてお昼の弁当に、夕食にスープ付きというのも何だかレストランのような演出になります。どんなシーンでもあると豊かな気分にさせてくれるのが自家製野菜スープなのです。
 
早速作ってみましょう
特別な材料は必要ありません。ポイントは季節の野菜をたっぷり使うこと!旬の食材を使うことで、野菜そのものの甘味や旨みを出し、塩味を濃くつけずに済みます。味付けを濃くしすぎると、塩分のとり過ぎにつながります。薄味の味付けでも美味しく仕上げるコツはまず、スライスした玉ねぎをオリーブオイルをひいた鍋で炒めること。玉ねぎはどのスープにも必須で、これがスープの土台となります。弱火~中火で透明になるまで、焦がさないよう炒めます。
 
主役の野菜次第で日替わり野菜スープ
よく炒めた玉ねぎの鍋に、火の通りやすいよう均一の厚みに切った野菜を加え、さっと炒めます。ひたひたに浸かる程度の水と固形スープの素を一つ入れて、あとは柔らかくなるまで煮るだけ。粗熱をとってミキサーにかけると旬野菜のポタージュスープになります。生クリームや牛乳を濃度を見ながら加えます。生クリームを入れると風味がよくなりますが、カロリーは高くなるので、使いすぎにはご注意ください。仕上げに塩とホワイトペッパーもお好みで、味をみて加えてください。
 
おすすめのアレンジ
使用する野菜でお勧めは、さつまいも、かぼちゃ、ブロッコリー、セロリ、カブ、きのこなど...バリエーションは様々。季節の野菜で栄養をたっぷり摂れる野菜スープ。例えば、かぼちゃやブロッコリにーには粘膜の抵抗力を高めるビタミンAが豊富に含まれています。これらのスープは風邪の予防としても効果的。野菜スープはダイエット中でもお腹も心も満たしてくれます。手作りすればもちろん無添加で、どんな材料から作ったかも把握できますので安心ですね。お気に入りのスープを見つけてみてはいかがでしょうか。

唐木 沙恵
─ SAE KARAKI ─

<株式会社クックパッド ダイエットラボ所属>ダイエットトレーナー/管理栄養士/フードスペシャリスト

唐木 沙恵<br>─ SAE KARAKI ─

丸の内のレストラン総料理長から料理を学び、レストランのようなおしゃれで美味しさを追求。料理教室「管理栄養士のおしゃれな食卓」を主催し、作りやすく、おもてなしになる料理やパン、ケーキなどを紹介している。趣味はガーデニングと野菜栽培で、教室に訪れる生徒さんには50種類以上のバラが咲くガーデンも楽しんでもらっている。

舞の海バッグ

オリジナル

舞の海バッグ...

¥15,800税込

ページトップへ戻る